NPO法人「大多喜みらい塾」で正月飾りを作ってきた!

こんにちは!こんどう(@kondouhisashi)です。

今回は、千葉県の大多喜町にあるNPO法人「大多喜みらい塾」イベントにいってきました。

正月飾りを作ろうというイベントだったんですが、最近、嫁とどこも行ってないので二人で予約して参加してきました!

「ゆく年くる年正月飾り作りに挑戦」

(大多喜みらい塾さんのレポートはこちらで)

この企画、凄くおもしろそうじゃないですか?正月飾りって自分で作った事無いからワクワクします。

今回は、のし餅作りミニ門松作りとホームページに書いてありました。

のし餅はビニールに入れて伸ばす!空気入ったら怒られます!

後で、「今度結婚式するんですよ~」と言ったら、はやく言ってくれたら紅白の餅にしたのに~と言われました・・・そんなすぐに赤くできるのか!!

ミニ門松作りに挑戦

続いて、ミニ門松作りに挑戦です。藁を編んでいきます。(むずかしい)

先生が教えてくれるんですけど、先生がココをこう!みたいな感覚派なのでみんな「えっ?」「どう?」みたいなそんな中で教え合いながら横の人と確認し合いながらできていきます。(こういうコミニケーション好きです。

門松の下の部分です。左のアーティスティックな方がボクで、右の繊細な方が嫁のです。

門松の竹を切ってます。適当に60cm・50cm・40cmで!とは言ってますが誰も計ってません(笑)

次に正月飾りを作ります。門松よりは簡単にできました!

お昼は餅つきだ!

なんでしょうこのへっぴり腰は。。。ボクです。

餅つきなんてはじめてですが「近藤さんやって」っという感じで順番が回ってきてしまいました。意外と腰使うんですね。

なんとか終わりました。ついたお餅はすぐに大根おろしか、きな粉で味付けして食べたんですが、これがめちゃくちゃ美味しかった。

温泉

イベントが終わると、参加者なのに会社社長の川島さんから「近くにボクのやってる会員制の旅館があって温泉沸かしてるから入っていきなよ!」とありがたいお誘いをいただき、お言葉に甘えました!

こちらが、川島社長が経営している「水の音倶楽部」です。

周りの景色もいいし温泉も洞窟の中にあって非常におもしろいです。温泉もすごく良くて、リウマチの人が入ると治って帰っていくそうです。

実家に門松飾ろう

ボクのアパートには大きすぎるので実家でミニ門松を完成させました!

正月飾りもココに置いていきます。

この時は親が居なかったので黙っておいて行きました!びっくりするかな~と思いましたが、翌日、母親からLINEがきました。

「今年は喪中だよ!」

やってしまった。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA